広島 遺品整理 体験談

はじめに

遺品整理という仕事について最近ではいろいろな場面で耳をするようになってきた。
言葉の通り遺族に代わり故人の遺品を整理してくれるサービスなのだが、その便利さについては実際に依頼をした人間にしかわからない部分も多くあることだろう。
かく言う私も以前までは「遺品整理」という言葉に対して、少しばかり後ろめたい偏見を持っていた。
遺品整理は親族が故人を思いながら行うべきことで、それを遺品整理業者に頼むのは故人の思いや生きてきた証を尊重せず、また身内ではないものに丸投げするなんて少し冷たいんじゃないだろうか?と勝手なイメージを持っていた。
そんなマイナスなイメージを持っていた私が、実際に業者に遺品整理を依頼し、そしてイメージが払しょくされたほど感謝した体験談を伝えることで、かつての私と同じように遺品整理を利用しようか迷っている人の力になれればと思い、自身の遺品整理の体験談を綴っていこうと思う。

私が遺品整理を依頼するきっかけとなったのは、唯一の肉親でもある父が他界した2014年の秋のこと。
当時私は父と離れて東京で仕事をしていた為、会社に休みをもらい葬儀のために実家のある広島へ帰省した。
母も兄弟もいなかった為、葬儀関係はすべて一人で行わなくてはならず、故人のことを考え悲しむ余裕もないくらいドタバタした状況だった。
本来であれば、私が広島の実家に戻っている間に、亡き父の遺品を整理したいところだったのが、正直、葬儀をこなすことで手一杯な状態だった。
一軒家でもある実家は父の死後、誰も住むものもおらず、処分をしなければならない状態だったが、とりあえず家の中の目につくものだけを少し片づけるのが精いっぱいで、遺品整理ができる時間的余裕がまったくなかった。
遺品整理をお願いできるような親しい親戚も近くに住んではおらず、結局そんな実家の状況を残しまま一度、東京の日常へと戻ることになってしまった。

そうして東京に戻った後でも、「広島の実家の遺品整理をしなければ…」と常に悩みはするものの、なかなかまとまった休みを取ることができずに悩んでいたある日のこと。
会社の先輩にたまたま相談してみたところ、遺品整理業者に依頼するよう勧められた。
この会社の先輩もかつて身内の不幸があった際に、遺品整理業者に依頼したそうなのだが、スピーディーにかつ丁寧に遺品整理を行ってくれた経験があるらしく、私の不安も少し解消されることになった。
何よりも広島の実家を空けてからすでに半年が過ぎており、あまり長い間空き家を放置しておくと、泥棒や火事などの危険があったり、家の故障といった心配もあった為、早急に対応する必要に迫られていたのである。

そこで私は遺品整理 広島の業者をいくつか調べてみることにした。
東京に住んでいる関係上、インターネットでいくつかのホームページを見比べて、気に入った業者のところに電話をして見積もりをお願いしてみると、やはり多くの遺品整理業者では実際に見てみないと具体的な見積り額を算出できないとのこと。
もともと依頼する際には、1日でも広島に戻って一度業者と打ち合わせをしようと思うものの、時間に限りがあるため、できれば出発前にある程度、遺品整理をお願いする業者を決めておきたかった。
そんな中で見つけたこころテラスという遺品整理会社に電話で見積もりの相談をしてみたところ、家の間取りや大まかな広さ、そして家の中にある家財や家電などの量を説明すると、大まかな予想金額を教えてくれた。
また、電話応対も非常に良い印象を受けたので、こちらに遺品整理 広島を依頼することになったのである。

こうして私は人生で初めて遺品整理を体験することになったのだが、自分が思っていた以上に満足する結果となり、もっと多くの人に知ってほしい気持ちで体験談を残すことにしたのである。
当然のことながら、あくまでも私個人の感想であり、満足度も個人差があるかとは思うものの、遺品整理は普段の生活の中でもあまり馴染のない業界の為、同じように遺品整理の依頼に踏み切れない人の参考になれば嬉しいと思う。
次ページからは、実際に私が感動した点などをまとめていくとする。

遺品整理 広島

遺品整理 広島
遺品整理 広島